少数民族が我が家にやってきた~妻と娘を虜にした黒い巨根~

『少数民族が我が家にやってきた~妻と娘を虜にした黒い巨根~』無料ネタバレ!黒い巨根は妻子を発情させちゃう!!

少数民族が我が家にやってきた~妻と娘を虜にした黒い巨根~

巨根が主役のエロ漫画!無料でネタバレしていけるとこまでご紹介!!

TV局の企画で家の電話が鳴る。

 

番組の企画で少数部族の青年をホストファミリーとして受け入れて欲しい、

ただし、可能な限り彼の思想や習慣を尊重して欲しい。

 

妻である瑞希に相談し、娘の希海の将来のためになるとその青年を受け入れることにする。

 

少数部族の青年ビギー。

この好青年を家に迎え入れたことにより、妻子はその規格外のモノに狂っていくことになるとは…

⇒どれくらい規格外なのか無料試し読みで確認する?

 

…まさかウチの妻に限って…

少数部族の青年ビギーを受け入れ、会社に向かった夫は晴れやかな気持ちで会社に向かった。

 

まさか、会社で仕事をしている間にビギーと妻の瑞希があんなことなっているなんて。。

 

家について早々、長旅の疲れで爆睡してしまったビギー。

ベッドで寝るように起こそうと、ビギーを起こそうとした瑞希は目を奪われてしまう!!

 

風邪をひかないようにと、かけた布団の上からでもわかる程に異様に盛り上がり時折ビクビクと疼くモノに…

 

そんな訳ない…こんなに大きいわけがない…

 

瑞希はこれまで遭遇したこのない、規格外の大きさに視線と心を完全に奪われてしまっていた。

 

布団をどかした瑞希の目に飛び込んできたモノは、

日本人でありえない、パンツを今にも突き破ろうとするほどに突起した、文字通り

 

規格外の巨根だったのだ!!

 

自分の夫と比べモノにならないほどに大きいモノに妻であることを忘れ発情する瑞希。

 

気づけば上半身の服を脱ぎ捨て、ビギーの巨根をしごき、自分の胸をこねくり回すのだった!!

 

そんなことをされたら誰でも起きる。

 

もちろんビギーも目を覚まし、言い訳を考える瑞希だったが。

 

ビギーの民族にとって女性とは神に近い存在とされ、

その女性が性欲をあらわにしたとき、男は必ず欲望の処理をしなければならないのだ!

 

ビギーは起きるなり呪文を唱え、瑞希のジーパンとパンツを脱がし、

黒い巨根がすべて入らないであろう瑞希の小さな穴にねじ込んでいくのだった!!

…続きを無料試し読みで読むならこちらから⇐

 

少数民族が我が家にやってきた~妻と娘を虜にした黒い巨根~感想

 

妻と娘を少しでも、今より少しでも幸せにしようと頑張ってきた夫。

 

だが、仕事を優先するばかりに妻との大事な夫婦の営みがなく、妻を欲求不満にさせてしまっていた。

 

そして、規格外のモノを見て興味を持ち、自分の穴に入れたらどんな快楽が待っているのか、それだけが頭を支配してしまうほどのモノの破壊力!

 

美人でスタイルの良い瑞希がこの黒い巨根にどのように調教されていくのか楽しみであります。

 

少数民族が我が家にやってきた~妻と娘を虜にした黒い巨根~の無料試し読みはこちら